株の初心者へ告ぐ。 株の始め方完全網羅

 株、FX、仮想通貨。こうした資産運用・副業をしてみたいけど、まずは株からやってみようかと思う。でもどうすれば良いか分からない。口座開設、入金ってどのくらいすればいいのかな、そもそもどんな銘柄を選べば良いのか分からない。お得な銘柄とかあるのかな?
 そんな初心者でもそれら資産運用が満足にできるようになるために、そしてこのサイトを通して生活が少しでも豊かになるように、口座開設から入金、取引に至るまで、投資歴7年で利益をコツコツ2割出している私がお得な情報を提供していきたいと思います。以下のセクションで解説していきます。

Section 1. はじめに(投資をする上で知っておきたいこと)

Section 2. 株の完全網羅

Section 1. はじめに(投資をする上で知っておきたいこと)

 はじめに。投資は特もします。時には損をします。当たり前のことですが、これこそが投資の根幹です。投資を始める上で、世界最大の投資家ウォーレンバフェットの重みのある下記3つの言葉を知っておきましょう。

「失敗を認め、成功しても奢らない。望ましいのはそんな人物だ」
自分の失敗には何かしらの原因があります。それを見つけて日々改善することが何よりも重要です。

「辛抱強さや冷静さは知能指数より重要だろう、と私は思っています」
取引を始めると、ほんの少し値下がりしただけで動揺します。取り戻したくなります。そして損をします。そのときの冷静さが重要になります。

「秘訣はすることがないときは何もしないことだ」
取引に余裕のお金が取引口座残高に残っているから買いたい気持ちになることは特に取引を始めた頃には多々あります。でも、決して気持ちだけでは動いてはなりません。

これだけだと、何か失敗しそうな気しかしませんが、そんなことありません。新しく始めたスポーツや楽器が1年後には初心者ではなくなっているように、投資を始めた人もすぐにこの気持ちの部分も身につけて行けるはずです。この完全網羅の記事では気持ちでない部分も含めて最大限にサポートするようにしています。

Section 2. 株の完全網羅

2.1.株の口座を開設する

 株の口座がないと取引が始まりません。株式の口座は多くの会社が行っていますが、大手であること、また手数料の安さの観点から、まずSBI証券の口座を開けば満足に取引ができます。ある程度取引に慣れてきたら口座を増やしていってもいいです。私はSBI証券と松井証券で口座を持っています。SBI証券の口座開設(無料)のやり方は下記で紹介しています。真似すれば5分で終わります。思い立った今始めるかどうかです。

2.2.開設した口座に入金する

 株式の口座は株の取引専用の口座なので、私達が給与を受け取っているようなメガバンク/都市銀行/地方銀行等の口座から、株式の口座へと入金する必要があります。例えばSBI証券なら、みずほやりそな、三菱UFJ、ゆうちょ等の口座からは無料で入金できます(SBI証券の参考ページ)。
 額は初めは10万以内で十分です。私は最初40万円で初め、東京電力の株で資産を半分まで減らしました。へたに買い増しできる額では始めないほうが良いと思います。下記記事で解説しています。

2.3.取引してみる。第一歩は現物買から。

 株の取引はまずは、現物買から入ると良いと思います。株の取引時刻は基本は平日の9~15時です。注文自体は24時間できるので、そのやり方とその注文方法はどういう成約の仕方をするのかを下記記事でまとめています。

2.4.おすすめの株主優待銘柄

 株主優待。それは株を保有することで得られるその企業からの還元(例えば映画のチケットだったり、自社の商品の割引券だったり)です。上場企業の多くがこの株主優待を取り入れており、株主優待を目的に企業を決めて株を保有している人も少なく有りません。私は、桐谷さんが好きで株主優待の虜になっているうちの一人です。下記記事では桐谷さんが保有しているものも含め、おすすめの優待株を紹介しています。

ランキングを見るのもよいですが、自分で探せるようになると一層銘柄選びの幅が広がります。探す方法については以下で解説しています。

2.5.株を独学でも勉強したいひとへおすすめの書籍

 上記に示した内容が株式取引の根幹になり、初心者が知るべきことを網羅した内容になっています。更に勉強をしたいひとへおすすめなのはダイヤモンド・ザイがシュパンしている「株入門」の本です。上級編もあるのですが、私は株を始めて上級編を手に取ったのは1年後でした。まずは、普通編で勉強して余裕が出てきたら上級編を手にする形でも良いかなと思います。初心者には情報量は多いですが、図表もや実際の株価も多く出てくるので分かりやすいので、初心者から一気にレベルアップしていくのには非常に良い本です。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編

書籍以外には証券会社の無料ツールを使いましょう。証券会社によって違うツールを提供しているので、自分に合ったツールを使うべし!

また、株を始めた頃は自分では何をすればよいかわからないことが多いので不安ですよね。そんな方に向けておすすめのブログを下記で4つ紹介しています。

更新日:

Copyright© お得にゆっくん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.