STOCKS/株 ▼

株の初心者がすべき勉強【無料の勉強法の宝庫で圧倒的知識を獲得】

更新日:

 株を始めるんだけど、いきなり運用するのは損しそうな気しかしなくて怖い。なので、予め勉強しておきたい。そう思う人が多いと思います。この記事を読めばどうした勉強をするべきかだけでなく、どこでどういった勉強ができるかを知ることができます。また、この手順に従うことでその効率が飛躍的にアップします。

結論は先日行った下記のツイートの通りです。

 座学も実践も大事です。ただし、知識が全く無い丸裸の状態では太刀打ちできないので、どうしても入りは座学からになります。最初は上記ツイートの手順で学びつつ、分からないことが出てきたら、本に立ち返りましょう。辞典の様な使い方をおすすめします。本と無料ツールのおすすめを手順に従って説明していきます。

1.本で勉強

 分厚い本を何日もかけて読むのはおすすめしません。よほど記憶力もいい人でない限り全て頭に入らないので時間の無駄だし、仮に入ったとしても知識過多になってしまうからです。
 私は始めた頃、下記2冊の本を買いました(正直、初心者に上級編は難しくて不要でした。上級編でないほうのみでOKです。半日もあれば読み終わります。図解イラストが分かりやすいです)。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

2.証券会社の無料ツールを見る/証券会社の動画レポートを見る

 各証券会社で提供している無料ツールを見ることができます。各会社でサービスが違うので、いろいろな会社のものを見ると良いと思います。ただし、証券会社の口座を開設しなければ使用できないので、各会社の口座を是非開設しておきましょう。口座開設するだけはタダで、開設した口座に入金しなければ取引も絶対に起こり得ないので、金銭的リスク無しです。

むしろ各会社でのツールの使い分けができたり、新規上場(IPO)株の抽選に当たりやすくなる、などといったメリットがあるので、複数開設しておくことが大切です。最終的に気に入った会社ができると思いますが、そこに入金して取引すればOKです。

例えば、以下のようなツールがあります。

例①<松井証券 チャートフォリオ>

松井証券ホームページより

 写真の右のような株価の動き(トレンド)に応じて分類されています。今まさに株価が上がっている銘柄や、底値になったかな?という銘柄などを探すことができます。株を購入する上でチャートの形が大切ということは先の本(「株」入門 第2版)でも述べられており、非常に重宝します。

例②<SBI証券 HYPER SBI>

SBI証券ホームページより

 SBI証券のHYPER SBIでは操作しやすい注文機能や、市況を教えてくれる機能など、取引をサポートしてくれます。更には国内/海外の主要指標、よく株価に影響する為替など多くの指数を提供しています。こうした情報は本だと得られないですね。画面も黒くてカッコいいので個人的にお気に入りです。

 SBI証券の口座の開設は下記記事の手順をそのまま真似すればOKです。思い立ったが吉日。楽しい株の世界へ足を踏み入れてみてください。

あとはDMM株がおすすめです。こちらも是非、登録しておいてください。

DMM.com証券

まとめ

 予め株の勉強をするには本はもちろんですが、証券会社のツールを見ることをおすすめしました。ツールは証券会社によって色が違ってどれもいいものばかりです。金銭的デメリットもないので、複数の口座を開いてツールを見ながら立ち返り本で勉強するのが上達の近道です。そろそろ、実践してみよう、という方は是非、次の下記記事をご覧ください。

-STOCKS/株 ▼
-, ,

Copyright© お得にゆっくん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.