ふるさと納税

フリーランスでふるさと納税は損?【結論】損得の問題ではないです

投稿日:

 ふるさと納税をすると、節税ができて得だよ!という話はよく回っていますが、こんなことがあり、次のようなツイートをしました。

 今回は、そんな感じで、フリーランスでふるさと納税をするのは損なのか。という疑問に答えていきます。結論は損得ではなく、「計算が面倒ですよ」という話です。なので、この記事を読むと、そのことが簡単に理解できるのでお得ですよ!

本記事の目次

1.ふるさと納税でフリーランスが損得の問題ではない理由
2.フリーランスとサラリーマンのふるさと納税での節税効果の違い
3.フリーランスとサラリーマンに税金の観点でおすすめのふるさと納税サイト

1.ふるさと納税でフリーランスが損得の問題ではない理由

フリーランスが損得の問題ではない理由はシンプルです。それは、

「フリーランスの税金体系は計算がサラリーマンよりもややこしいから」

です。

サラリーマンとフリーランスの税金の考え方は次のようになりますね。

【サラリーマン】
給与―所得控除=課税所得

【フリーランス】
売上―経費―所得控除=課税所得

 課税所得は、所得税や住民税を決定する所得になります。所得額/売上から所得税や住民税など、種々の税金を引くことで手元にお金が残ります。

 サラリーマンとフリーランスの違いは見ての通り、フリーランスには「経費」があります。ここは、個人事業主の人は事業に必要なパソコンや車や家賃などが、経費に該当させることが可能なので、その分、課税所得が少なくなるということですね。

2.フリーランスとサラリーマンのふるさと納税での節税効果の違い

 サラリーマンは全てを会社が計算してくれますが、フリーランスは自分でこれを計算しなければなりません。

収入―経費―(申告特別控除)=所得

 ですね。ここの特別控除の部分がフリーランスは触ることができるので、きちんとふるさと納税で減税しましょう、という話ですね。 ということで、ここの控除をきちんと把握しましょう。

総務省ホームページより

 この図に示すように、ふるさと納税は、所得税からの控除と住民税からの控除をもたらすので、ふるさと納税は、フリーランスでも絶対にした方が良いです!なので、損するとかはないです!

計算がややこしいよ。という話です。

 あまりにも多くの額をふるさと納税で寄付したら、フリーランス、サラリーマンともに損するのは一緒です。

3.フリーランスとサラリーマンに税金の観点でおすすめのふるさと納税サイト

 フリーランスとサラリーマンに税金の観点でおすすめのふるさと納税サイトは、やはり、ふるさと納税可能な額を簡単に計算してくれるサイトです。中でも、私は、おすすめとして、「楽天ふるさと納税」を挙げます!

 しかも楽天ふるさと納税は、納税時に、普段の買い物と同じように楽天ポイントが付与されるので非常にお得ですよ!

 ただし、楽天ふるさと納税は他のサイトよりも納税額が高い商品もありますので、気を付けてください!次の記事を参考に!今回は以上にします。それでは!

まとめ

 今回はフリーランスがふるさと納税で損をするかという話でしたが、損するとかはないです!きちんとその税の仕組みを理解してふるさと納税をやってみてくださいね!

 「お得にゆっくん」では、日常のお得の正しい情報を発信しています。是非、自身の好きなプラットフォームに合わせてご覧ください!

>>お得にゆっくん Stand.fm(ラジオ放送)はこちらから

>>お得にゆっくん Youtubeはこちらから

>>お得にゆっくん Twitterはこちらから

ちなみに…

<お得にゆっくんとは>
初期費用40万円で株式投資を初めて東電株で23万円を損失し資金が半分未満に。その後、株主優待株の取引を7年以上取引し、資産を13割(50万以上)まで回復させた(最低時からは250%、すなわち資産2.5倍に増加)。近年始めたFX投資でも株で得た知識を生かしてトレードし1年で10割の利益(資産2倍)を創出。お得提供ブロガーとして、初心者向けに、挽回して資産を創出するまでの方法を発信。

実際にゴールデンウィークのたった5日で1割儲けた実績がこちらです。

ということで今回は以上にします!ではまた次回!

-ふるさと納税
-,

Copyright© お得にゆっくん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.